ジュピターズ・ムーン

2018年1月27日(土)新宿バルト9ほか全国ロードショー

『ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲』 コーネル・ムンドルッツォ監督最新作 人生に敗れた男が出会ったのは、宙を舞う少年―― 世界が回り出す  『ジュピターズ・ムーン』とは 木星には67の衛星(月)があることが現在わかっている。 そのうち、天文学者ガリレオ・ガリレイによって発見された「エウロパ」は“ヨーロッパ”の語源となったラテン語“EUROPA”と同じ綴りで表される。エウロパの地表は厚い氷に覆われているが、固い表層の下には塩水が流れ、生命体が存在する可能性もあると言われている。その為、人類や生命体の「新たな命の揺りかご」となり得るという声もある衛星だ。コーネル・ムンドルッツォ監督はこの作品が、その「エウロパ」の名の元に、現在、そして近未来のヨーロッパ、ひいては世界の物語として観てもらうことに意義があるとして本作を『ジュピターズ・ムーン』と名付けた。 監督:コーネル・ムンドルッツォ 脚本:カタ・ヴェーベル、コーネル・ムンドルッツォ 撮影:マルツェル・レーヴ H.S.C 出演:メラーブ・ニニッゼ、ゾンボル・ヤェーゲル、ギェルギ・ツセルハルミ、モーニカ・バルシャイ 2017年/ハンガリー・ドイツ/DCP5.1ch/シネマスコープ/英語、ハンガリー語/128分/英題:Jupiter's Moon/字幕翻訳:横井和子 2017©PROTON CINEMA MATCH FACTORY PRODUCTIONS KNM 配給:クロックワークス
COMMENT
重力を解除し、上下左右遠近をくるくる回転させると、そのつど、別様の世界が立ちあらわれる。
そして、すべてはあちこちで連動している。「真実」はそうやってできている。
大澤聡(批評家/メディア研究者)
欧州で続発するテロや難民問題の中で空中浮遊する青年の目的は何か。
必ずもう一度見たくなる不思議な魅力に溢れた作品だ
蟹瀬誠一(ジャーナリスト・キャスター・明治大学国際日本学部教授)
裏切りと絶望の中で芽生える、希望と友情。
人間臭く、泥臭く、今までにないサスペンスフル・ファンタジー。
この映画すごい。
鎌田實(医師・作家)
SFを通してみる難民の現状。
衝撃の連続で、何度も見たくなる無重力の世界。
そう、空には『国境』はなく『自由』がある
サヘル・ローズ(タレント/女優)
現代世界の業を背負ったシリア難民の少年は天使に転生する。
屋上での少年の按手のシーン。その「祝福」に私の心も震えた。
田原牧(東京新聞記者)